2019年04月07日

弊社シード資金調達について『日経バイオテク』にて紹介頂きました。

バイオ分野の研究開発、事業化に関連するニュースを報道する専門誌『日経バイオテク』にて、弊社を紹介頂いたことをご報告致します。

弊社の特徴であるがんの早期診断技術に加え、この度JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)ならびに独立系ベンチャーキャピタル ANRIからの資金調達について取り上げて頂きました。詳細につきましては以下をご覧下さいませ。

・JST : https://www.jst.go.jp/・ANRI : http://anri.vc/

2019年02月15日

弊社シード資金調達について 『TechCrunch Japan』にて弊社を紹介頂きました。

国内スタートアップに関するオリジナル記事の配信や、日本最大級のスタートアップイベントTechCrunch Tokyoなどのイベントを開催しているテクノロジーメディア『TechCrunch Japan』にて、弊社を紹介頂いたことをご報告致します。 弊社の特徴であるがんの早期診断技術に加え、この度JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)ならびに独立系ベンチャーキャピタル ANRIからの資金調達について取り上げて頂きました。詳細につきましては以下をご覧下さいませ。

・JST : https://www.jst.go.jp/・ANRI : http://anri.vc/

2019年01月10日

平成30年度「研究開発型ベンチャー支援事業 / シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」採択のご報告

Icaria株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)
の支援事業「研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」
に採択頂いた事をご報告致します。

 

同事業は、シード期の研究開発型ベンチャー(以下「STS」 (Seed-stage Technology-based Startups)という。)に対して投資を行うベンチャーキャピタルおよびシードアクセラレーター等の
投資及び支援活動を促進し、STSに対する事業の支援を行うものです。
詳細はこちら(https://www.nedo.go.jp/koubo/CA3_100188.html)をご覧ください。

 

今後も、尿中miRNAによるがんの早期診断実用化、
さらには人々が天寿を全うする社会の実現に向けて尽力して参ります。

2018年12月18日

慶應義塾大学医学部主催 「健康医療ベンチャー大賞 社会人部門」にて優勝致しました。

弊社は12月2日に開催されました、慶應義塾大学医学部主催 「健康医療ベンチャー大賞 社会人部門」におきまして、優勝致しました。
弊社の尿検査による非侵襲的かつ高精度ながん診断技術を評価頂きました。

 

皆様のご支援、ご高配に心より感謝申し上げますとともに、今後もより多くの方々に応援していただけるような会社であり続け、「人々が天寿を全うする社会」の実現に向けて、社員一同尽力して参ります。

 

■健康医療ベンチャー大賞について
[名称] 第3回 健康医療ベンチャー大賞
[主催] 慶應義塾大学医学部
[後援] 内閣府、経済産業省、厚生労働省、三井不動産株式会社、株式会社プラメド他
[大会概要]慶應義塾大学による日本初の医学部主催ビジネスコンテストであり、100社以上が参加。
起業文化を創り、起業の後押しとなるようにアカデミアとアントレプレナーの橋渡しとなることで、健康・医療領域におけるイノベーションの促進を目的とした医療専門ビジネスコンテスト。詳細はこちら