Ensure lifelong health
to everyone

TECHNOLOGY

MICRO RNA

細胞から分泌される生体物質であり、がん細胞と正常細胞では分泌されるmicroRNAの種類や量が異なる。がん細胞のmicroRNAは血液検査・画像診断・内視鏡等では発見しにくい早期の段階のがんから分泌されるため、新たながん早期診断のターゲットとして研究されている。

DEVICE

酸化亜鉛ナノ構造体とマイクロ流路を組み合わせたCraif独自のデバイスにより、がん細胞から分泌されて、尿中に含まれる微量のmicroRNAを高効率に分離・回収することで、高精度ながん早期診断を可能にする。

AI

Craifの保有するmicroRNAデータベースと機械学習技術を組み合わせることにより、独自のがん発見プログラムの開発を行っている。ナノデバイスにより分離・回収されたmicroRNAのプロファイルをがん診断プログラムにより分析することで、がんの早期・高精度発見を行う。

COMPANY

Craifの使命は、「人々が天寿を全うする社会の実現」です。
がんは早期に発見することで、患者の生存率が上昇し、予後も大きく改善することが知られています。 また、既存のがん診断には痛みを伴うものや、精度の不十分なものも多く、定期的な診断・早期発見には不向きであるのが現状です。 そこでCraifは、尿検査による「痛みのない高精度ながん早期発見」により、人々ががんで命を落とすことのない世界の構築を目指します。

HISTORY

2020年6月

社名変更

2018年5月

会社設立

2020年
6月

2018年
5月

TEAM

LEADERSHIP

SCIENTIFIC ADVISORS

NEWS

2020年09月17日

⽇本ベーリンガーインゲルハイム株式会社が開催した起業家⽀援プログラム 「イノベーション・プライズ」を受賞

Craif株式会社(本社:東京都⽂京区、代表取締役社⻑:⼩野瀨 隆⼀、以下Craif)が、⽇本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(代表取締役会⻑兼社⻑:⻘野 吉晃、以下ベーリンガーインゲルハイム)が開催する、バイオテクノロジー分野の⾰新的なプロジェクトを称える起業家⽀援プログラム「イノベーション・プライズ」にて第3位に⼊賞いたしましたのでお知らせいたします。


■概要
Craifの「尿中エクソソームmiRNAプロファイルの包括的な分析による患者の層別化」プロジェクトが、ベーリンガーインゲルハイムが開催する、起業家⽀援プログラム「イノベーション・プライズ」において、特に⾰新的で優秀な4つのプロジェクトとして第3位に⼊賞いたしました。
「イノベーション・プライズ」は、「Value through Innovation -イノベーションによる価値の創造-」をビジョンに掲げ、⾰新的な創薬に取り組む研究者や起業家・スタートアップ企業のアイデア実現・事業化やシーズの育成を⽀援するベーリンガーインゲルハイムの取り組みのひとつです。


■⼊賞を受けて

代表取締役社⻑ ⼩野瀨 隆⼀

Craifは、名古屋⼤学発ベンチャーとして⽇本が誇る素材⼒を⽤いて尿からエクソソームを捕捉し、AI(⼈⼯知能)を組み合わせることで、エクソソームバイオマーカー解析プラットフォームを構築しています。
このプラットフォームを医療に応⽤することで、わずか⼀滴の尿から、⾼精度でがんを早期発⾒する検査や、個別化医療を実現する治療選択・診断ツールを開発しています。
今回の受賞を機に、製薬企業との協業の可能性を模索し、創薬⽀援を通じて技術を社会に還元することを⽬指してまいります。

 

当社の技術と提供価値
Craifのコアテクノロジーは酸化亜鉛ナノワイヤを⽤いた独⾃のエクソソーム抽出デバイスにあります。エクソソームには核酸やタンパク質などさまざまな⽣体分⼦が含まれており、バイオマーカーとして着⽬を集めています。本デバイスを⽤いることでエクソソームを⾼効率に抽出することができ、疾患の発症や悪性化に深く関与しているmiRNAを1,300種類以上検出し、その発現パターンを機械学習で解析することで⾼精度でがんを検出することに成功しています。本技術を応⽤することで、わずか⼀滴の尿から⾼精度でがんを早期発⾒する検査や、ひとりひとりに最適な治療の選択が可能となる検査を開発し、⼈々ががんで命を落とすことのない世界を⽬指します。

 

 

2020年07月10日

メディカルレビュー社「Pharma Medica」第38巻第7号に弊社市川が寄稿

メディカルレビュー社「Pharma Medica」第38巻第7号に弊社市川が寄稿致しました。

Pharma Medica. 2020; 38(7); 39-42.

 

 

 

 

 

 

2020年06月24日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)における 「先進的医療機器・システム等開発プロジェクト」に採択 ~尿検査による超高精度早期がん診断の開発を加速~

Craif(旧Icaria)株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:小野瀨 隆一、以下Craif)が、国立大学法人 名古屋大学(本部:愛知県名古屋市、総長:松尾 清一、以下名古屋大学)・社会医療法人 北斗(本社:北海道帯広市、理事長:鎌田 一、以下北斗)と共同研究中の「超高精度・無侵襲早期がん診断を実現する尿中 microRNA の簡易な機械解析システムの開発」が、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以下、AMED)の「先進的医療機器・システム等開発プロジェクト」※1に採択されましたのでお知らせいたします。
これにより、当社は最長で5年間に渡って、研究費用の支援を受けることが決定しました。


左から:代表取締役社長(CEO)小野瀨 隆一、技術顧問・共同創業者 安井 隆雄、最高執行責任者(COO)水沼 未雅、最高技術責任者(CTO)市川 裕樹

 

■概要
当社が、名古屋大学・北斗と共同研究中の「超高精度・無侵襲早期がん診断を実現する尿中 microRNA の簡易な機械解析システムの開発」がAMEDの「先進的医療機器・システム等開発プロジェクト」※1に採択されました。これにより、当社は今後最長で5年間に渡って、研究費用の支援を受けることが決定しました。

AMEDは、国が定める「医療分野研究開発推進計画」に基づき、医薬品、医療機器・ヘルスケア、再生・細胞医療・遺伝子治療等6つの統合プロジェクトを中心とする研究開発を推進しています。基礎研究から実用化まで一貫した研究開発を行うことにより、成果を一刻も早く患者さんにお届けすることを目指しています。

当社では今回の採択を受け、尿検査による超高精度早期がん診断※2の開発をさらに加速していきます。今後、脳腫瘍をはじめとしたアンメット・ニーズが高いがん種の高精度早期発見検査の実用化を目指して、技術開発を進めてまいります。

※1:令和2年度「先進的医療機器・システム等技術開発事業」における「先進的医療機器・システム等開発プロジェクト」
   重点課題「検査・診断の一層の早期化、簡易化」
※2:2019年度より名古屋大学・社会医療法人北斗と共同研究を開始。

 

■共同研究者コメント

名古屋大学大学院医学系研究科 脳神経外科 准教授
夏目 敦至 先生より:
脳腫瘍は物忘れなどの症状を起こすことがあります。物忘れや認知症は関心がありながら、脳腫瘍を疑って脳MRIなどの検査をされることは少ないです。このように本当はニーズがありながらも、「まさか」という意識のため十分満たされていないことをアンメットニーズと言います。一滴の尿で脳腫瘍があるかどうか早期に分かれば、安全に治療することが可能になります。それを実現する画期的な技術です。

慶応義塾大学医学部腫瘍センターゲノム医療ユニット 特任助教 北斗病院腫瘍医学研究所 医師
加藤 容崇 先生より:
次世代シーケンサーによる遺伝子解析技術が進み、個々のがん遺伝子を網羅的に調べる「がんゲノム医療」が急速に普及してきており治療成績は上がってきていますが、それでも高悪性度のがんは依然として治療が困難です。がんを治すには「早く見つけて早く治療する」しか方法がありません。しかし、がんを早く見つける技術には、簡便、安価、高精度、患者さんの負担が少ない、など多くの制約があり社会実装は非常に困難です。本研究はそれらの多くの制約を突破できる可能性があり、新たながん医療を切り開く技術だと思います。

 

■当社の技術と提供価値

当社は、名古屋大学発ベンチャーとして、日本が誇る素材力を用いて尿からエクソソームを網羅的に捕捉し、AI(人工知能)を組み合わせて医療に応用することで、現在のがん診療が抱えるさまざまな課題解決に取り組んでます。当社のコアテクノロジーは酸化亜鉛ナノワイヤを用いた独自のエクソソーム抽出デバイスにあります。エクソソームには核酸やタンパク質などさまざまな生体分子が含まれており、バイオマーカーとして着目を集めています。本デバイスを用いることでエクソソームを高効率に抽出することができ、疾患の発症や悪性化に深く関与しているmiRNAを1,300種類以上検出し、その発現パターンを機械学習で解析することで高精度でがんを検出することに成功しています。本技術を応用することで、わずか一滴の尿から高精度でがんを早期発見する検査や、ひとりひとりに最適な治療の選択が可能となる検査を開発し、人々ががんで命を落とすことのない世界を目指します。