ABOUT US

ナノ加工技術と機械学習・データ解析技術を組み合わせることで、体液からのエクソソーム抽出によるリキッドバイオプシーを実現し、あらゆる疾病を当たり前に早期発見できる社会の実現を目指しています

人々が天寿を全うする社会の実現

Craifは、尿を利用したあらゆる疾患の早期発見と治療最適化を目指しています。
エクソソーム回収技術のパイオニアとして、精確で痛みのない疾患の早期発見方法を確立し、誰もが生涯にわたって健康でいられる社会を実現します。

TEAM

LEADERSHIP

小野瀨 隆一

代表取締役(CEO)

安井 隆雄 Ph.D.

技術顧問・共同創業者

市川 裕樹 Ph.D.

最高技術責任者(CTO)

小野瀨 隆一

幼少期をインドネシアと米国で過ごし、早稲田大学国際教養学部在籍時にカナダのマギル大学に交換留学。卒業後は三菱商事に新卒入社、4年間米国からシェールガスを日本に輸入するLNG船事業に従事。2016年5月にはサイドビジネスで民泊会社を創業、全国で事業を展開。その後、「人類の進歩に寄与する事業を興し続ける」事を人生のテーマに定め2018年4月に三菱商事を退職、2018年5月Icaria Inc.創業。がんとの戦争に終止符を打つことをミッションに、生体分子の網羅的解析でがん医療の改革を目指す。
2021年Forbes Asiaよりアジアを代表する「30歳未満」に選出。

安井 隆雄 Ph.D.

名古屋大学大学院工学研究科・生命分子工学専攻准教授。2014〜2019年ImPACTプロジェクトマネージャー補佐就任、2015〜2019年JSTさきがけ研究員、2019年より再度JSTさきがけ研究員を拝命。研究テーマはナノ空間を利用した新奇生体分子解析手法の開発。がん細胞から正常細胞へ輸送されるがん化因子であるエクソソームの定量解析を目指している中で、ナノワイヤを利用して、わずか1ミリリットルの尿からがんを特定する技術を新たに発見。同技術を実用化すべく、代表の小野瀬と共に2018年5月にCraif株式会社を創業。

市川 裕樹 Ph.D.

東京大学大学院 薬学系研究科にて博士号取得。ケミカルバイオロジーを専攻し研究に携わる一方、米国のNPOにて開発途上国への医療テクノロジー導入も支援。2013年7月にバイエル薬品に入社。MR、全社プロジェクトのPMO、マーケティングと経営企画のマネジャーに従事。2019年1月 同社を退職後、Craif株式会社に参画。

水沼 未雅 Ph.D.

最高執行責任者(COO)

水沼 未雅 Ph.D.

京都大学薬学部卒業後、東京大学大学院 薬学系研究科にて博士号(薬学)取得。2013年-2014年、アストラゼネカ株式会社のメディカルアフェアーズ部門にて、新製品の上市準備、メディカル戦略策定に従事。2014年-2017年、マッキンゼー&カンパニーにて医薬品・医療機器分野の新製品戦略や新規事業戦略策定、組織改革支援等に従事。その後、2017年にデジタルヘルス分野のスタートアップを創業、CEOとしてチャットボットを使用した医薬品のオンラインカウンセリングサービスを立ち上げた。2019年10月にCraif株式会社に参画。

小野瀨 隆一

代表取締役(CEO)

小野瀨 隆一

幼少期をインドネシアと米国で過ごし、早稲田大学国際教養学部在籍時にカナダのマギル大学に交換留学。卒業後は三菱商事に新卒入社、4年間米国からシェールガスを日本に輸入するLNG船事業に従事。2016年5月にはサイドビジネスで民泊会社を創業、全国で事業を展開。その後、「人類の進歩に寄与する事業を興し続ける」事を人生のテーマに定め2018年4月に三菱商事を退職、2018年5月Icaria Inc.創業。がんとの戦争に終止符を打つことをミッションに、生体分子の網羅的解析でがん医療の改革を目指す。
2021年Forbes Asiaよりアジアを代表する「30歳未満」に選出。

安井 隆雄 Ph.D.

技術顧問・共同創業者

安井 隆雄 Ph.D.

名古屋大学大学院工学研究科・生命分子工学専攻准教授。2014〜2019年ImPACTプロジェクトマネージャー補佐就任、2015〜2019年JSTさきがけ研究員、2019年より再度JSTさきがけ研究員を拝命。研究テーマはナノ空間を利用した新奇生体分子解析手法の開発。がん細胞から正常細胞へ輸送されるがん化因子であるエクソソームの定量解析を目指している中で、ナノワイヤを利用して、わずか1ミリリットルの尿からがんを特定する技術を新たに発見。同技術を実用化すべく、代表の小野瀬と共に2018年5月にCraif株式会社を創業。

市川 裕樹 Ph.D.

最高技術責任者(CTO)

市川 裕樹 Ph.D.

東京大学大学院 薬学系研究科にて博士号取得。ケミカルバイオロジーを専攻し研究に携わる一方、米国のNPOにて開発途上国への医療テクノロジー導入も支援。2013年7月にバイエル薬品に入社。MR、全社プロジェクトのPMO、マーケティングと経営企画のマネジャーに従事。2019年1月 同社を退職後、Craif株式会社に参画。

水沼 未雅 Ph.D.

最高執行責任者(COO)

水沼 未雅 Ph.D.

京都大学薬学部卒業後、東京大学大学院 薬学系研究科にて博士号(薬学)取得。2013年-2014年、アストラゼネカ株式会社のメディカルアフェアーズ部門にて、新製品の上市準備、メディカル戦略策定に従事。2014年-2017年、マッキンゼー&カンパニーにて医薬品・医療機器分野の新製品戦略や新規事業戦略策定、組織改革支援等に従事。その後、2017年にデジタルヘルス分野のスタートアップを創業、CEOとしてチャットボットを使用した医薬品のオンラインカウンセリングサービスを立ち上げた。2019年10月にCraif株式会社に参画。

SCIENTIFIC ADVISORS

涌井 昌俊

臨床分野

馬場 嘉信

工学分野

鷲尾 隆

機械学習分野

涌井 昌俊

1997年 慶應義塾大学医学部 助手(内科学)。東京大学大学院医学系研究科人類遺伝学分野 客員研究員。
2001年 フロリダ大学医学部リウマチ・臨床免疫学部門 リサーチフェロー。
2007年 慶應義塾大学医学部医化学教室 学部内講師。
2009年 慶應義塾大学医学部臨床検査医学教室 学部内講師。
2010年 慶應義塾大学医学部臨床検査医学教室 専任講師(大学病院中央臨床検査部主任医師兼務)。
2017年 慶應義塾大学医学部臨床検査医学教室 専任講師(大学病院臨床検査科主任医師兼務)。
2020年 現在 慶應義塾大学医学部臨床検査医学教室 准教授(大学病院臨床検査科主任医師兼務)

馬場 嘉信

2004年 名古屋大学・工学研究科教授。
2008年 同大学医学系研究科協力講座 教授。
2010年 産業技術総合研究所健康工学研究部門 研究顧問。
2017年 東京大学理学研究科専攻共通流通講座(化学) 教授 。
2017年 現在 JST・CREST「細胞外微粒子」 研究総括。
2018年 同大学ナノライフシステム研究所 所長。

[受賞]
Merck Award(2004)
日本化学会学術賞(2008)
文部科学大臣表彰科学技術賞(2016)
日本分析化学会学会賞(2015)他

鷲尾 隆

1988年 東北大学大学院工学研究科原子核工学専攻博士課程後期修了
1988年 日本学術振興会特別研究員
1990年 マサチューセッツ工科大学原子炉研究所客員研究員
1996年(株)三菱総合研究所主任研究員
2006年 大阪大学産業科学研究所助教授
2006年 - 現在 統計数理研究所客員助教授
2006年 - 現在 大阪大学産業科学研究所教授
2006年 統計数理研究所客員教授

赤津 豪

知財分野

赤津 豪

東京大学工学系大学院 博士(工学)。
University of California at Santa Barbara, 留学。
独Max-Planck-Institut für Metallforschung, 研究員。
2002年フランスSOITEC社 R&D部門 Project leader。
2008年 帰国後、都内複数の特許事務所にて勤務。
2014年Quantum Biosystems入社 Director of IP。
現在は、技術系スタートアップの知財強化、製薬系スタートアップの共同創業者。
専門技術分野は材料工学、電子・バイオデバイス等。
英独仏語いずれも堪能。
付記弁理士。

涌井 昌俊

臨床分野

涌井 昌俊

1997年 慶應義塾大学医学部 助手(内科学)。東京大学大学院医学系研究科人類遺伝学分野 客員研究員。
2001年 フロリダ大学医学部リウマチ・臨床免疫学部門 リサーチフェロー。
2007年 慶應義塾大学医学部医化学教室 学部内講師。
2009年 慶應義塾大学医学部臨床検査医学教室 学部内講師。
2010年 慶應義塾大学医学部臨床検査医学教室 専任講師(大学病院中央臨床検査部主任医師兼務)。
2017年 慶應義塾大学医学部臨床検査医学教室 専任講師(大学病院臨床検査科主任医師兼務)。
2020年 現在 慶應義塾大学医学部臨床検査医学教室 准教授(大学病院臨床検査科主任医師兼務)

馬場 嘉信

工学分野

馬場 嘉信

2004年 名古屋大学・工学研究科教授。
2008年 同大学医学系研究科協力講座 教授。
2010年 産業技術総合研究所健康工学研究部門 研究顧問。
2017年 東京大学理学研究科専攻共通流通講座(化学) 教授 。
2017年 現在 JST・CREST「細胞外微粒子」 研究総括。
2018年 同大学ナノライフシステム研究所 所長。

[受賞]
Merck Award(2004)
日本化学会学術賞(2008)
文部科学大臣表彰科学技術賞(2016)
日本分析化学会学会賞(2015)他

鷲尾 隆

機械学習分野

鷲尾 隆

1988年 東北大学大学院工学研究科原子核工学専攻博士課程後期修了
1988年 日本学術振興会特別研究員
1990年 マサチューセッツ工科大学原子炉研究所客員研究員
1996年(株)三菱総合研究所主任研究員
2006年 大阪大学産業科学研究所助教授
2006年 - 現在 統計数理研究所客員助教授
2006年 - 現在 大阪大学産業科学研究所教授
2006年 統計数理研究所客員教授

赤津 豪

知財分野

赤津 豪

東京大学工学系大学院 博士(工学)。
University of California at Santa Barbara, 留学。
独Max-Planck-Institut für Metallforschung, 研究員。
2002年フランスSOITEC社 R&D部門 Project leader。
2008年 帰国後、都内複数の特許事務所にて勤務。
2014年Quantum Biosystems入社 Director of IP。
現在は、技術系スタートアップの知財強化、製薬系スタートアップの共同創業者。
専門技術分野は材料工学、電子・バイオデバイス等。
英独仏語いずれも堪能。
付記弁理士。

INVESTORS

ANRI
大和企業投資株式会社
Aflac Ventures LLC
国立研究開発法人科学技術振興機構
FF APAC Scout
森トラスト株式会社
東京海上日動火災保険株式会社
株式会社MTG Ventures

OFFICES

MEDIA

  • 週刊東洋経済
  • 週刊ダイヤモンド
  • NIKKEI STYLE
  • Forbes JAPAN
  • TRENDY 日経トレンディ
  • NIKKEI Business Daily 日経産業新聞
  • Tech Crunch
  • 日経バイオテク
  • 日本経済新聞
  • Nature